WEBデザインの参考になる!国内外のスポーツメーカーのリッチでグラフィカルなサイト集めました。

今回は有名スポーツメーカーのNIKE・adidas・PUMA・Reebok・New Balanceの日本語と外国語サイトのメーカー公式サイトと特設サイト集めました。

調べてみるとひとつのメーカーだけでかなりのサイト量がありました!

どのメーカーもとてもカラフルで写真を大胆に使用したカッコイイグラフィックが印象的でした。また外国語版はパララックスやHTML5を使用したものが多く、見た目のデザインもさることながら動きも大変リッチでwebデザイン制作の参考になりそうです。

NIKE

扉絵が黒を貴重としたシャープなものやネオンカラーもうまく取り入れられています。海外版はパララックス効果を使ったサイトが多いです

NIKE日本語公式サイト

http://www.nike.com/nikeos/p/nike/ja_JP/

NIKE FREE

http://nike.jp/nikefree/main/#athletic

FREE FACE

http://nike.jp/nikefree/freeface/

NIKE RUN

http://nike.jp/running/rungirls/

THE CHANCE

http://www.nike.com/ja_jp/football/the-chance

NIKEID GENERATOR

http://nike.jp/nikeharajuku/generator/

NIKE BETTER WORLD

http://nikebetterworld.com/

NIKE CHOSEN

http://www.nikechosenseries.com/

Nike Skateboarding

http://www.nikeskateboarding.com/feature/prod5/#/home

NIKE Air Jordan

http://www.nike.com/jumpman23/aj2012/

adidas

大胆なフルスクリーンのグラフィックがきれいです。「名工・三村仁司」のサイトや「adidas×JFA」のサイトのパララックスのデザインが印象的です。

adidas日本語公式サイト

http://www.adidas.com/jp/

adidas RUNNING

http://adidas.jp/running/welcome.html

名工・三村仁司

http://mimurahitoshi.jp/

adidas ホノルルマラソン

http://adidas.jp/running/honolulu/index.html

adidas skin protection

http://adidas-skinprotection.jp/

adidas×JFA

http://adidas.jp/JFA/

then now forever

http://www.adidas.com/campaigns/thennowforever/content/#/home

PUMA

フルスクリーンのグラフィックが印象的なサイトが多いです。ビンテージ風のテクスチャーを使用しているサイトが多かったです。

PUMA日本語公式サイト

http://www.puma.jp/

PUMA SOCIAL

http://www.puma.jp/social/

PUMA FITNESS

http://www.puma.jp/fitness/

PUMA BOLTRIVIA

http://faas.puma.jp/boltrivia/

PUMA BLACK LABEL

http://www.puma.jp/blacklabel/

New Balance

公式サイトはグレーを基調としたすっきりしたデザイン。「捨てよう宣言」のキャンペーンサイトはHTML5で作られてました

New Balance日本語公式サイト

http://www.newbalance.co.jp/

New Balance 捨てよう宣言

http://suteyou.com/#top

New Balance 990

http://newbalance990.tumblr.com/

Reebok

国内サイトはネオンカラーを使ったスタイリッシュなページが印象的です。海外サイトに関してはページ内移動のナビゲーションやマウスオーバーの動きが印象的でした。

Reebok日本語公式サイト

http://www.reebokjapan.com/

Reebok classic

http://www.reebokjapan.com/classic/

Reebok EASY TONE

http://www.reebokjapan.com/easytone/

Reebok 英語版サイト

http://www.reebok.com/en-US/

Reebok ブラジル語サイト

http://www.reebok.com.br/

この記事を書いた人

著者 : ハヤシユタカ

2001年、有限会社ムーニーワークスを設立。WEB制作の他、書籍執筆、セミナー講演、企業研修などを行う。また、クリエイター育成機関デジタルハリウッドでは1999年より講師として本科WEBデザイナーコースやデジタルデザインコースを担当。 詳しいプロフィールはこちら

最近書いた記事

この記事に関連する記事