もうすぐOPEN!スカイツリーに関連するサイトをまとめました

東京スカイツリーサイトがOpenに先駆けてサイトをリニューアルしていました。

調べてみるとスカイツリーを運営している「東武鉄道」関連のサイトも続々とサイトリニューアルしていましたので、東京スカイツリーに深く関わっているサイトをまとめてみましたので、デザインも含めて色々チェックしてみるのはいかがでしょうか。

東京スカイツリー公式サイト

PCサイト

http://www.tokyo-skytree.jp/

キャプチャーでご紹介しきれないくらい縦に長いサイトになっています。

電波塔として日本一高い建築物という最大の特徴を生かしていて、コンセプトをとても大事にしていると思われます。

公式キャラクターのソラカラちゃんの演出もサイトを邪魔しない程度にでてきます。

あと、Twitter上で話題になっていたのですが、当サイトはIE6サポートを対象外としています。

こういった有名どころのサイトが先駆けてIE6切りをしていくといき対応しなくてよくなると制作側も苦労が減りますね。

スマートフォンサイト

http://www.tokyo-skytree.jp/sp/

PC版とは違い、トップページは”鳥瞰”の視点からスカイツリーを表現していました。

スマートフォンで高さをコンセプトにして長くしてしまうとユーザビリティが悪くなるという点を考慮しての設計デザインだと思います。

こちらもサイトが重くならない程度に演出を取り入れており、スマートフォンの仕様・特性を考慮してのサイト構築をされています。

フューチャーフォンサイト

http://www.tokyo-skytree.jp/fp/

東京スカイツリーのサイトではフューチャーフォンのサイトもありました。

恐らく、老若男女問わずアクセスするサイトという事を考慮しての事だと思いますが、サイトが重くならないように画像は極力減らしており”情報を伝える”という点にコンセプトを絞っている印象でした。

スカイツリー関連施設

東京スカイツリータウン

http://www.tokyo-skytreetown.jp/

東京ソラマチ

http://www.tokyo-solamachi.jp/

東京スカイツリーイーストタワー

http://www.tokyoskytree-easttower.jp/

東武鉄道

東武鉄道公式サイト

http://railway.tobu.co.jp/

東武鉄道の運行情報を掲載しているサイトです。

リニューアル前に比べて、情報設計がよりわかりやすくなりデザインとしても見やすくなりました。

東武鉄道ポータルサイト

http://www.tobu.co.jp/

スカイツリータウンの開業に合わせ、東武グループ各社サイトとの連携を目的にコンテンツ内容を充実させていました。

電車の旅-東武沿線おでかけ情報<

http://tabi.tobu.co.jp/

東武鉄道で行く旅情報を掲載しているサイトです。

電車を利用してスカイツリー周辺を満喫するコースなどを紹介しており、観光目的の人は必読ではないでしょうか。

スカイツリー紹介サイト

EVERLEDS | TOKYO SKY TREE&LED PROJECT

http://www2.panasonic.biz/es/everleds/special/st/

スカイツリーの照明関連に関わったPanasonicが運営するスペシャルサイト。

フルFlashで作成されており、紹介している写真が綺麗なので一見の価値アリです。

GO! GO! TOKYO SKY TREE br 大林組

http://www.skytree-obayashi.com/index.html

建設会社「大林組」のサイトです。

スカイツリーが完成するまでの記録を紹介しており、どのようにスカイツリーという建造物が作られたのかを知ることができます。

おまけ

「ソラカラちゃん」サイト

http://www.sorakara-chan.jp/

東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃん紹介サイトです。

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

http://sky-tree.me/

スカイツリーに関する情報を集約したサイト。

様々な特集が組まれており、ルート案内も色とりどりで非常に参考になります。

東京スカイツリー うんちく50

http://www.1101.com/skytree/

スカイツリーのうんちくを紹介しているサイトです。

東京スカイツリーウオッチ

http://tokyo-skytree.sblo.jp/

一般の方がスカイツリーの成長記録を写真に収めたサイト。

公式サイトもいいですが、一般の視点から見れる写真も臨場感があり素敵です。

最後に

今回紹介するのは以上になりますが、サイトを調べるとたくさんのサイトがありました。

それほどスカイツリーという存在は皆から楽しみにされており、これから東京のシンボルとなっていくのでしょう。

つい先日(3月22日)からチケット予約も開始されていたので、興味のある方は申し込んでみてはいかがでしょうか?

http://www.tokyo-skytree.jp/reservation/

OPENは2012年5月22日(火)で、この週末は付近の町内から御神輿が大集合してお祭りのようになるということでしたのでみなさんもよかったら行ってみてください。

ただし当日行っても上ることはできませんが・・。

この記事を書いた人

著者 : ハヤシユタカ

2001年、有限会社ムーニーワークスを設立。WEB制作の他、書籍執筆、セミナー講演、企業研修などを行う。また、クリエイター育成機関デジタルハリウッドでは1999年より講師として本科WEBデザイナーコースやデジタルデザインコースを担当。 詳しいプロフィールはこちら

最近書いた記事

この記事に関連する記事