カテゴリー
Webサイト制作まとめ

レスポンシブ対応も含め、Lightbox系(モーダルウインドウ)プラグイン25個の簡単な使い方とサンプルまとめました

背面をグレーアウトさせて画像などを表示するLightbox系のjQueryプラグイン。現在では多機能なオプションを備えたものから、レスポンシブWebデザインに対応したものまでさまざまなプラグインが存在しています。

今回はそんなLightbox系(モーダルウィンドウ)プラグインを最新のものからオーソドックスで実用的なものまで、一挙にまとめました。作成するサイトにあわせて使い分けましょう。

良いデザインを見て学び、情報収集に役立つ!毎月チェックしたいWeb/アート/広告/デザイン雑誌とそのサイトまとめました。

いまWebサイトで膨大な情報が無料で手に入るので、なかなか本や雑誌を買わない人もいると思いますが、ネットではどうしても自分の好みの情報を取得してしまいがちなので、僕はいつも書店に行って雑誌をチェックして少しでも気になるものがあったら買うようにしています。

そこで今回はクリエイティブ系の情報やデザインの参考、広告事例などが見ることができる「Web」「デザイン」「広告」「アート」などの雑誌とそのサイトをまとめてみました。

まずはここから覚えたい!作業効率がよくなるPhotoshopショートカットキーまとめました

どんなソフトを使用する際にもあるショートカットキーですが、ソフトの使い方に慣れてないときはショートカットキーを覚えるというのも大変なので、メニューから探している人も多いと思いますが、毎回ツールバーや上部メニューバーを行ったり来たりするというのはそれだけでかなりの時間のロスになります。

僕も学校では極力ショートカットを使っていこうという話をしていますが、まずはPhotoshopでここから覚えていこうというショートカットをまとめました。

MdN Design Interactiveにて連載した「ゼロからはじめるHTML5でのサイト制作」全12回まとめ

以前MdN Design Interactiveに連載させていただいた『HTML5でサイトをつくろう!ゼロからはじめるHTML5でのサイト制作』が12回で完結しました。 この連載ではHTML5でのマークアップが初めての方 […]

無料で使えるCSS3のwebフォント・Google web fontからシンプルでカッコイイフォントまとめました

通常、ブラウザで表示する文字に適用できるフォントは、そのパソコンにインストールされているものだけですが、Web上のサーバー側にあるフォントを利用して、オシャレなフォントが手軽にデバイスフォントとして利用できてしまうのがWebフォントです。
中でも“Google Web Fonts”では、多数のフォントのリストから好きなフォントの種類・ウエイトを選ぶと利用するために必要なコードが自動で生成され、手軽に利用できる仕組みとなっています。

“Google Web Fonts”で公開されているフォントはすべてオープンソースとなっており、商用・非商用問わず無償で利用可能。気に入ったフォントを“Collection”として一覧で比較することができたり、Bookmarkとして残しておくこともできます。また、登録したフォントをWebフォントとして利用した場合にかかるWebページの読み込み速度を表示する機能も用意されています。今回はベーシックで使いやすそうな英語フォントを中心に紹介したいと思います。

123