良いデザインを見て学ぶ!毎月チェックしたいWeb/アート/広告/デザイン雑誌まとめました【2014年版20誌】

Webサイトやブログで膨大な情報が無料で手に入るので、なかなか本や雑誌を買わない人もいると思いますが、ネットではどうしても自分の好みの情報を取得してしまいがちなので、僕はいつも書店に行って雑誌をチェックして少しでも気になるものがあったら買うようにしています。

4月となり、デザイン関連の仕事で働き始める人や、学校でデザインを始める人達に、いつも自分がチェックしているクリエイティブ系の情報、デザインの参考、広告事例、雑誌自体がレイアウトの参考になる、などチェックしていきたい「Web」「デザイン」「広告」「アート」などの雑誌をまとめてみました。

毎月チェックすることで参考になるデザインを見つけたり、インスピレーションを得たり、自分の好きなデザイナーなどを見つけることができますので、情報収集やレイアウトの参考にしてみてはいかがでしょうか?

デザイン・Webデザイン関連の雑誌

Web Designing

Web Designing

http://book.mycom.co.jp/wd/

現在Web系雑誌で唯一の月刊誌となっている「Web Designing」は説明をする必要がないでしょう。

新着サイトの紹介や特集、Labなど最新のWebの技術や動向をいろいろ見ることができるWeb系雑誌で、サイトでもその号の内容が紹介しており、サンプルデータをダウンロードできます。

自分も「jQuery Lab」で連載をさせていただいておりました。

Web Designing (ウェブデザイニング) 2014年 04月号

Web Designing (ウェブデザイニング) 2014年 04月号

amazonで「Web Designing」を見る

amazonで「Web Designing」のバックナンバーを見る

MdN(エムディエヌ)

MdN(エムディエヌ)

http://www.mdn.co.jp/di/MdN/

デザイン、イラスト、WEBなど幅広い特集で構成されているデザイン雑誌です。

自分が学生だったころからずっとある雑誌で、MdNに記事を執筆した際はとても嬉しかった記憶があります。

昔は「WEBクリエイター」というWEBに特化した雑誌もありますが、今は、「MdN Design Interactive」というWebデザインとグラフィックの総合情報サイトとして情報がたくさん更新されています。

MdN(エムディエヌ)05月号

MdN(エムディエヌ)05月号

amazonで「MdN」を見る

デザインノート

デザインノート

http://www.design-note.jp/

創刊号よりずっと買っていますが、「フォトディレクション」「タイポグラフィー」「イラストレーション」「ポスターデザイン」などなど、毎号様々な特集で、いろいろなデザインを見ることができるのでおすすめです。いろいろな分野のデザインが数多く見れますので見ているだけでも楽しい雑誌です。

デザインノート No54

デザインノート No54

amazonで「デザインノート No54」を見る

最新号NO54号は「フォトディレクション術」とてもよくおすすめの号です。

WEBと違ってデザインは、技術的な情報の古さなどはあまりないので、古い号でも内容の良い物がたくさんあります。

amazonでは号によって1円や100円位で買うことができるので、気になった号で安いのは年号が古くても絶対オススメです。

amazonで「デザインノート」で検索して探す

デザインノート EXTRA good design company 水野学

デザインノート EXTRA good design company 水野学

またデザイナーの「水野学」さんのまるごと一冊の別冊号が人気のようですが、こちら水野さんのデザインやアートワークをたくさん見ることができます。

amazonは新品がないみたいですが、重判ができたみたいなので本屋さんなどでは購入できるかと思います。この号は保存版ですね。

amazonで「EXTRA good design company 水野学」を見る

+DESIGNING

+DESIGNING

http://www.plus-designing.jp/

どちらかというとWebよりグラフィックやDTPよりの特集が多いです。またデザインの紹介というよりも「レイアウト」「配色」「文字」など、よりデザインに対する勉強がしたいという方には内容ぎっしりでオススメできます。

+DESIGNING (プラスデザイニング) 2014年 05月号

+DESIGNING (プラスデザイニング) 2014年 05月号

amazonで「+DESIGNING 2014年 05月号」を見る

またこちらも古い号がamazonで安く買えるので、自分も定期的にamazonチェックして、安くて面白そうな号を買っています。

amazonで「+DESIGNING」で検索して探す

+81(プラスエイティーワン)

+81(プラスエイティーワン)

http://www.plus81.com/

毎号特集毎にテーマがあり、紙面レイアウトも凝っており、海外のクリエイターの紹介などあります。

またサイトでは各号の中身を動画で紹介されているので、それを見てバックナンバーを買うというのもよいかもしれません。

僕は、1号だけどうしても手に入らなかったのですが、先日ヤフオクで購入することができましたので全号コンプリートしました。コンピリートまで10年位かかりました・・。

ヤフオクなどでは古い号がまとめて出品されている場合がありますが、こちらも古い号も面白い号がたくさんありますので気になる特集の号は今買ってもオススメです。

+81 vol.63

+81 vol.63

amazonで「+81 vol.63」を見る

+81voyage

http://www.plus81.com/voyage/

+81のスピンオフみたいな雑誌ですが、はじめは旅をテーマにした写真集のようなものでしたが、最近は都市のグラフィックを扱っています。

「Tokyo Graphic」などはグラフィックが多く紹介されているので購入しました。

その他のものは旅写真みたいな感じで、内容は好みがわかれると思いますが中古で安く買えたりします。

+81voyage

amazonで「+81voyage」を見る

QUOTATION (クォーテーション)

QUOTATION (クォーテーション)

http://www.quotation.jp/

世界のクリエイティブジャーナル誌とありますが、各号テーマが違うので毎号買うというよりは気に入った号を買う感じでしょうか?

他のデザイン雑誌より、少し気色が違う感じするのは僕だけかな?

ここ最近のオススメはなんといっても一冊まるごと「市橋織江」さんの号でしょう。写真としてもデザインとして見応え充分です!

市橋織江 by “QUOTATION”

市橋織江 by “QUOTATION"

amazonで「市橋織江 by “QUOTATION”」を見る

idea (アイデア)

idea (アイデア)

http://www.idea-mag.com/jp/

毎回テーマがあり、特定の人の特集でたくさんのデザインが載っているのでちょっと高いですがお勧めです。「浅葉克己」さんや「原研哉」さんの号などはとてもよかったです。

少し高いですが気になるデザイナーの号は過去のものでも保存版になるくらいよい雑誌です。

idea (アイデア) 2014年 03月号

idea (アイデア) 2014年 03月号

amazonで「idea (アイデア) 2014年 03月号」を見る

アイデア 浅葉克己さんの号

アイデア 浅葉克己さんの号

amazonで「アイデア 浅葉克己さんの号」を見る

アイデア 原研哉さんの号

アイデア 原研哉さんの号

amazonで「アイデア 原研哉さんの号」を見る

AXIS

AXIS

http://www.axisinc.co.jp/media/magazinedetail/

セレクトショップやAXISフォントで有名なAXISの雑誌です。紙面レイアウトや写真が綺麗で毎回買ってました。

お店も雑誌もおしゃれで最近はIMA CONCEPT STOREが併設されさらによい空間になっているみたいです。

AXIS (アクシス) 2014年 04月号

AXIS (アクシス) 2014年 04月号

amazonで「AXIS」を見る

日経デザイン

日経デザイン

http://business.nikkeibp.co.jp/nds/cp/

会社を立ち上げた時に3年間定期購読してました。日経新聞のデザイン版のような感じでデザイン情報満載です。レイアウトとかデザインというより、キャンペーンやブランディング、デザインされたいろいろなものが見れますのでデザイナーだけでなく、ディレクター、プランナーの方などもよく見ている人が多い雑誌です。

たまに書店でも売られてますが、割高なので安い定期購読とかなどお勧めです。

日経デザイン定期購読ページ

デザイン・広告関連の雑誌

COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト)

COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト)

http://www.genkosha.co.jp/cp/

名前から見ると広告写真をイメージしますが、写真やTVCM、ポスターなど広告関連のグラフィックをたくさん見ることができます。

またデザイナーへのインタビューや映像、アプリ、写真など毎月幅広い特集がありますので、たくさんのアートワークを見ることができます。

広告批評がなくなった今はコマーシャル・フォトとブレーンでたくさんのデザインを見ることができるのでオススメです。

デザインの勉強をするには、よいデザインをとにかくたくさん見ることだと思いますので、大量のデザインを見れる本はオススメです。

COMMERCIAL PHOTO 2014年 04月号

amazonで「COMMERCIAL PHOTO 2014年 04月号」を見る

shuffle by COMMERCIAL PHOTO

また、玄光社では「shuffle」というWEB媒体があり、ここではPhotoshopや映像、レタッチ、プロ用機材の紹介や、高度なテクニック記事などが紹介されていますのでオススメです。

僕もPhotoshopや画像現像、タブレットの特集などここで色々勉強しています。

shuffle by COMMERCIAL PHOTO

http://shuffle.genkosha.com/

ブレーン

ブレーン

http://mag.sendenkaigi.com/brain/

ブレーンはCOMMERCIAL PHOTO同様、広告がたくさん載っていますが、あちらはクリエイティブよりでこちらはマーケティングというか色々なキャンペーンなどの企画などの紹介などが多いような気がします。

同じ会社から販促会議・宣伝会議などがあり、いろいろなキャンペーンや企画などが見れるのとディレクションよりの内容になっているのでテーマによって買って勉強しています。いろいろな企画書をダウンロードできたりしてよかったです。

ブレーン 2014年 05月号

ブレーン 2014年 05月号

amazonで「ブレーン 2014年 05月号」を見る

広告

広告

http://www.kohkoku.jp/

あまり書店で見かけないのでもう無くなったのかと思ったら、どうやらまだでているようです。特定の人がターゲットなのでそんなに流通してないのですかね?

以前は内容を見て買ったことありましたがデザインというより、広告についてのお話が多いです。サイトも他のサイトと違って毎回特設サイトのような形になっています。

広告 2014年 04月号

広告 2014年 04月号

amazonで「広告 2014年 04月号」を見る

デザイン・グラフィック系の特集の多い雑誌

PEN

PEN

http://www.pen-online.jp/

デザインの専門誌ではないですが、アートや写真やデザインの特集が多くて面白い雑誌です。アニメ、ウルトラマン、相撲など面白いテーマでも特集がされていて、結構な頻度で買ってしまいます・・。

デザイン雑誌と違って安いのでお財布にもやさしいです。

Pen (ペン) 2014年 4/15号

Pen (ペン) 2014年 4/15号

amazonで「Pen (ペン) 2014年 4/15号」を見る

特集毎に古くても面白いのがありますが、こちらはamazonよりもBookOFFなどで100円で大量にありますので、そういうとこで買うのもオススメです。

BRUTUS(ブルータス)

BRUTUS(ブルータス)

http://magazineworld.jp/brutus/

こちらはpenほどデザインの記事はありませんが、写真、カルチャー、旅などライフスタイル系の記事が面白いです。

こちらもブックオフで古い号を安く買うことができます。

BRUTUS (ブルータス) 2014年 4/15号

BRUTUS (ブルータス) 2014年 4/15号

amazonで「BRUTUS (ブルータス) 2014年 4/15号」を見る

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス)

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス)

http://magazineworld.jp/casabrutus/

BRUTUSともう一つでているもので、作りはこちらのほうがちょっと豪華です。建築系やアートの特集が多く、紙面レイアウトも綺麗でそういった部分でもレイアウトの参考になります。

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2014年 05月号

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2014年 05月号

amazonで「Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2014年 05月号」を見る

写真・カルチャー系の雑誌

デザイン関連という感じではないですが、レイアウトや写真、グラフィックが綺麗でデザインの参考になりそうな雑誌をいくつか紹介します。

IMA(イマ)

IMA(イマ)

http://imaonline.jp/

amanaが出している写真紙の「IMA」。年4回の出版でカメラ雑誌ではなく、アート写真を中心に構成されています。写真によって紙質を変えたりこだわりの本となっています。雑誌というより写真集のような本となっていてオススメです。

またサイトでは色々な写真展情報などが更新されていたり、3月には六本木に「IMA CONCEPT STORE」がオープンしています。

http://imaonline.jp/list/imaconceptstore


IMA CONCEPT STOREは、ギャラリー、ブックストア、カフェという3つの機能を一つの空間で緩やかにゾーン分けし、 意識が途切れることなく「写真と暮らす」を体感することができる空間です。商業スペースとしては、日本初、都内最大規模の500平米。 アート写真作品や写真集をはじめ、写真家、クリエイターや人気ショップとのコラボグッズを販売しているほか、 写真家や著名人、企業によるセミナーやイベントを多数開催。ファッション、インテリア、音楽、建築、グルメなど、 ライフスタイルにこだわりを持つすべての人々が楽しめる場所です。

IMA(イマ) Vol.7 2014年2月28日発売号

IMA(イマ) Vol.7 2014年2月28日発売号

amazonで「IMA(イマ) Vol.7 2014年2月28日発売号」を見る

1つ前のVol6がすごいよかったです。

IMA(イマ) Vol.6 2013年11月29日発売号

IMA(イマ) Vol.6 2013年11月29日発売号

amazonで「IMA(イマ) Vol.6 2013年11月29日発売号」を見る

PHaT PHOTO (ファットフォト)

PHaT PHOTO (ファットフォト)

http://www.phatphoto.jp/mag/

PHaT PHOTOは書店ではカメラ雑誌コーナーにありますが、機材の紹介というよりは写真や写真家についての特集を多くしている雑誌になります。4/20発売号から基本的に書店販売はなくなり、直販雑誌になりますので本屋さんで見かける機会は減るかもしれませんが、IMAと同じく写真やアート好きの人が見ても楽しめると思います。また機材メインでないので古い号でも面白い特集があるのでamazonで安くなった時を見かけたら買っています。

PHaT PHOTO (ファットフォト) 2014年 04月号

PHaT PHOTO (ファットフォト) 2014年 04月号

amazonで「PHaT PHOTO (ファットフォト) 2014年 04月号」を見る

またサイトでは「ファット.ext」というWEBも展開されており、動画で学べるカメラや写真史などが公開されています。

http://www.phatphoto.jp/

雑誌の定期購読とセットにするとかなり安くすべてのコンテンツを見ることができます。

ファット.ext

一部の動画は無料で見ることができます。

Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)

Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)

http://discoverjapan-web.com/

デザインの雑誌ではないですが、毎回作りが好きでほとんど毎号買っています。紙面レイアウトがとても綺麗で写真や文字の使い方などいろいろ参考になる部分が多いです。あと旅好きにはお勧めの雑誌です。

毎回はずれがないのでバックナンバーとかでもよく買ってますが、毎年でる京都特集などがお気に入りです。

Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2014年 04月号

Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2014年 04月号

amazonで「Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2014年 04月号」を見る

Cut (カット)

Cut (カット)

http://ro69.jp/product/magazine/back/7

インタビュー雑誌かな?日本や海外の芸能人のインタビュー載ってます。昔はサイズがでかったですが、最近は小ぶりになって保管しやすくなりました。「中島英樹」さんのデザインが好きでよく買っていました。今でも担当されているのかな?写真(ポートレート)にタイポグラフィーがかっこ良いくデザインの参考にもなる雑誌です。

Cut (カット) 2014年 04月号

Cut (カット) 2014年 04月号

amazonで「Cut (カット) 2014年 04月号 」を見る

SWITCH

SWITCH

http://www.switch-pub.co.jp/

こちらもアーティストとかを特集にした雑誌です。サイトがWebマガジンのようになっていてサイトも情報盛りだくさんです。

SWITCH Vol.32 No.4

SWITCH Vol.32 No.4

amazonで「SWITCH Vol.32 No.4 」を見る

「SWITCH Vol.31 No.2」のネ申ラボ100は面白かったです。

SWITCH Vol.31 No.2 ◆テクノロジー+カルチャー ネ申ラボ1oo ◆ Perfume

テクノロジー+カルチャー ネ申ラボ1oo

amazonで「SWITCH Vol.31 No.2 ◆テクノロジー+カルチャー ネ申ラボ1oo ◆ Perfume」を見る

デザイン系のバックナンバーはAmazonがお勧め

Web系の雑誌は数年前となると技術が古くなってしまいますので買う必要はないですが、デザイン系の本は古い雑誌でも役に立つものがたくさんあります。

Amazonなどでは古い雑誌は数百円で買えたりするので、安いのが見つかるとまとめて買ったりしています。

特に「デザインノート」「+DESIGNING」あたりでいい特集で安いものがあったらお買い得です。

その他、なにげに「fujisan.co.jp」では年間購読などでかなり大幅な割引などもされているので気に入った雑誌は定期購読がオススメです。

またデザインの勉強をしたいと思っている人には、こちらのエントリーもよかったらご覧ください。

デザイン始めたばかりの人にオススメ!学校で紹介して評判の良かったデザインの本と雑誌あつめました

デザイン始めたばかりの人にオススメ!学校で紹介して評判の良かったデザインの本と雑誌あつめました

この記事を書いた人

著者 : ハヤシユタカ

2001年、有限会社ムーニーワークスを設立。WEB制作の他、書籍執筆、セミナー講演、企業研修などを行う。また、クリエイター育成機関デジタルハリウッドでは1999年より講師として本科WEBデザイナーコースやデジタルデザインコースを担当。 詳しいプロフィールはこちら

最近書いた記事

この記事に関連する記事